農業共済新聞「あきた版」

ホーム農業共済新聞2018年あきた版の注目記事一覧

バックナンバー


●2018年(平成30年) 9月4週号

イチジクの直売所を経営 - 今野幸生さん

 【にかほ市】「北限のイチジク」と呼ばれる、にかほ市大竹地区産のイチジクが収穫時期を迎えている。同地区の今野幸生さん(64)が昨年オープンしたイチジクの直売所は、収穫期間限定で今年は9月中旬から11月初旬頃まで営業する。  
 販売するのは生食用品種「バナーネ」と加工用品種「ホワイトゼノア」。特にバナーネの人気が高く、開店から約1時間で売れてしまうほど。今野さんは「昨年は県内各地からお客さんが訪れ100㍍ほどの行列ができたこともある」と話す。  

 

 同地区ではホワイトゼノアの栽培が一般的だが、生食用イチジクの需要が高いと言われ、今野さんは5年前から手掛けている。2品種合わせて40㌃と水稲110㌃を栽培する兼業農家で、バナーネは完熟したものを朝取り・パック詰めして販売する。  
 今年は春先の低温で心配したが、梅雨明け以降の好天続きで作柄も良好とのこと。「生のイチジクの食感や甘さを多くの人に味わってほしい」と笑顔で話す。

 

 

 …次号をお楽しみに!
 
▶その他のバックナンバーはこちら


ページの上部へ