メニューを表示する

安心のネットワーク NOSAI秋田

広報活動

トップ > 広報活動
2019年10月3週号①
水稲と秋田犬の二刀流 - 畠山正二さん
 【大館市】大館市比内町五日市の畠山正二さん(76)は、水稲6㌶を栽培しながら、国内外で秋田犬の魅力を発信している。
 畠山さんの家は代々農家のため、土木工事の仕事をしながら農業に携わり、退職後の現在は息子の睦正さん(54)と共に農作業に励む。
 「あきたこまち」と、飼料米として「めんこいな」を栽培し、全てJAに出荷。毎年570㌔ほどのところが今年は600㌔の収穫となった。畠山さんは「今年は5月~6月の水不足でどうなるかと思ったが、例年より多く獲れて良かった」と安堵する。
 農家である一方、秋田犬を飼育し、保護活動にも力を入れる。趣味で秋田犬を飼い始め、公益社団法人秋田犬保存会に所属。2012年にロシアのプーチン大統領に秋田犬を送ったことで話題になった。日本だけでなく、海外にも秋田犬の名を広め続けている。
 現在はメスを4頭飼育しているという。イベントや品評会に多く参加し、県外に行くこともある。「田植えや収穫のシーズンと重なったときは大変だ」と畠山さん。「今年は品評会に時間を費やしたことで、除草剤を散布する時期がずれてしまった」と話す。
 「今後は品評会でもっと良い成績を残すことが目標」としながら、「農業の面では、体が元気なうちは現状維持していきたい」と話す。
次号をお楽しみに!