NOSAIの事業
ホームNOSAIの事業農作物共済>支払いについて

農作物共済

農作物共済の概要 補償額について 損害評価について 支払いについて

支払いについて

共済金支払い

共済金は
一筆・半相殺・全相殺方式
共済金 = 1㎏当たり共済金額 × (引受収量 - 評価収量)
品質方式
〔共済限度額(基準生産金額×9割・8割・7割)-生産金額〕×(共済金額/共済限度額)

一筆方式 耕地ごとに減収量が基準収穫量の3割・4割・5割を超えると共済金が支払われます。
半相殺方式 減収耕地の減収量の合計が、農家ごとの基準収穫量の2割・3割・4割を超えると共済金が支払われます。
全相殺方式 農家ごとに増収量と減収量を相殺し、減収量が基準収穫量の1割・2割・3割を超えると共済金が支払われます。
品質方式 その年の実収穫量に品質指数を乗じる方法により算定した収穫量(品質加味収穫量)が基準収穫量に達しない場合で、かつ生産金額が共済限度額(基準生産金額×9割・8割・7割)に達しないときに共済金が支払われます。

もし災害がなかったら

災害がなかったり少なかった場合、掛金は、

 ①今後の災害に備えて積み立てられます。
 ②災害を未然に防止するための損害防止事業の費用にあてられます。

農作物共済の概要 補償額について 損害評価について 支払いについて

ページの上部へ